わきがを消臭するのに効く有効成分ってなに?

MENU

わきがを消臭するのに効く有効成分ってなに?

わきがはアポクリン腺から分泌される脂質やタンパク質を多く含んだ汗が原因です。皮膚に住む常在菌がこれをエサにして臭い匂いを作り出します。このねっとりとした汗は拭っただけでは落ちにくく、一般的なデオドラント剤ではたちうちできないことがあります。

 

気になるわきがの匂いを消すためには、しつこい匂いの元を絶たなければなりません。このわきがの臭いの元に打ち勝つ、消臭に効く有効成分にはどんなものがあるのでしょうか。

 

分子配列の模型

消臭と殺菌のダブル効果 柿渋エキス

わきがに限らずいろいろな体臭の消臭に効果があると言われているのが、この柿渋エキスです。

 

柿渋エキスには柿タンニンという成分が含まれています。このタンニンに含まれるフェノール性水酸基(-OH基)は悪臭成分と結びつきやすく、結合した後は悪臭成分をポリフェノール付加化合物という無臭の物質に変化させます。タンニンはお茶やワインにも含まれますが、特に柿は含有量が多いため、とても効果があるのです。

 

また柿渋エキスに含まれるポリフェノールには殺菌作用があり、悪玉常在菌を殺す役割も果たします。体に塗布しても使えますが、口臭や加齢臭予防に飲むサプリメントとしても売られています。

消臭剤の優等生 緑茶エキス

柿渋エキスと同様、殺菌作用のあるポリフェノールを含んだ緑茶エキスですが、最も特徴的なのは茶カテキンという成分です。有名な消臭剤、ファブリーズにも使用されています。

 

茶カテキンはアンモニア系や硫黄系の匂いを放つ悪臭物質とイオン的、化学的に結びつき、無臭化してしまいます。悪臭を根元から絶つし、空気もキレイにしてくれるという感じですね。

 

お茶が元になっていますから、飲むサプリとしても利用されています。体臭だけでなく、いろいろな消臭に使えるオールマイティな消臭成分です。

体に優しい天然の殺菌作用 ミョウバン

子どものころに結晶をつくる実験で見たことがある人もいるのではないでしょうか。ミョウバンは塩の一種で、強い殺菌作用があります。昔から食べ物や掃除用具など、いろいろなものに利用されている素材です。ミョウバンは天然の素材なので体にも優しく安心ですね。

 

このミョウバンを薄めて使うと、皮膚に住む悪玉常在菌を殺菌することができるので、わきがの消臭にとてもよく効きます。

 

使い過ぎてしまうと、健康な菌まで殺してしまうので注意が必要です。

 

市販薬でミョウバンが含まれたものを探してみるのもいいでしょう。

 

またミョウバンにはタンパク質を収縮する作用があり、塗布すると皮膚の毛穴が縮まるので制汗にも効果があります。

まとめ

一般的なデオドラント剤は悪臭の元から絶つものではなく、悪臭に良い匂いを振りかけるだけでごまかそうというものが多くなっています。

 

わきがでない人であればそれでも問題ないのですが、わきがの人はわきがの悪臭と良い匂いとが交じり合い、さらに悪臭になってしまうこともあります。

 

デオドラント剤を選ぶならば、悪臭を元から絶てるような、強い消臭効果のある有効成分を含んだものを選ぶようにしましょう。

 

 

関連記事

人気のデオドラントを実際に体験!オススメはコレ!【画像あり】

自宅でわきが対策が出来るたった1つの良い習慣