わきがに効く!焼きミョウバンの3つの意外な作用とは?

MENU

わきがに効く!焼きミョウバンの3つの意外な作用とは?

人類の中でも、黒人種と白人種は、それぞれわきがの確率が高い人種として知られています。
そこで、彼等は、遥かな昔からわきが対策として色々な物質を試してきました、焼きミョウバンもその一つです。

 

今から2000年前に古代ローマ人が愛用した焼きミョウバンの効果とはどんなものでしょう。

 

古代ローマ人やヨーロッパ人もわきが対策に使った焼きミョウバン

焼きミョウバンとは、カリウムやアンモニウムなどの金属とアルミニウムなどの金属が硫酸塩という形で結ばれた複合塩です。

 

漬物の発色剤として、食品添加物になっているので見た事はなくても日常口にしている方もいると思います。

 

古くは古代ローマ人が使用したほかに古代のヨーロッパ人もミョウバンが結晶化したアルム石をわきが消しとして使いました。

 

つまり、焼きミョウバンは、世界最古のデオドラント剤なのです。

 

焼きミョウバンがわきがを防ぐ3つの作用

焼きミョウバンはわきが対策に3つの効果があります。

 

その第一には、焼きミョウバンは水に溶けると酸性になる事があります。雑菌は酸によって溶かされてしまうので、わきがを防げるのです。

 

また、焼きミョウバンには、制汗作用もあります。

 

脇の下の汗腺を収れんさせる効果があります。アルミニウム塩が、汗腺の導管周囲に炎症を起して汗が出るのを阻止しているのではないか?と考えられています。

 

そもそも汗が出なければ、雑菌は、これを分解出来ないのでニオイも発生しないのです。

 

第3には、焼きミョウバンの金属反応による表皮の殺菌効果があります。焼きミョウバンに含まれる金属成分が、それぞれに作用して酸化還元反応による金属消臭が行われるのです。

 

焼きミョウバンの効果的な使用法

焼きミョウバンの一番簡単な使用法は、すりつぶして粉にして直接、ワキに塗ってしまう事です。

 

ただ、これだと、やや面倒なので、ペットボトルにミョウバンを入れて、スプレーにしてしまうのもいいでしょう。

 

市販の1・5リットルのペットボトルにミョウバンを50g加えて、よく振ります。これを、霧吹きなどに入れ変えてしまえば、手作りのミョウバン制汗剤の完成になります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

焼きミョウバンは市販品でも十分効果が期待できます。スーパーなどでも販売されていて、価格も数百円程度ですので手が出しやすい、リーズナブルなわきが対策グッズと言えそうです。

 

高価なデオドラントを試す前に実践してみると良いでしょう。

 

 

関連記事

人気のデオドラントを実際に体験!オススメはコレ!【画像あり】

自宅でわきが対策が出来るたった1つの良い習慣

わきがにリンゴ酢が効くって本当?