体臭わきが対策なら真っ先に断ちたい5つの食べ物とは

MENU

体臭わきが対策なら真っ先に断ちたい5つの食べ物とは

男女ともに気になるのが体臭です。最近ではスメルハラスメントという言葉が出来るくらい臭いは人を不快にさせます。

 

ですが、お風呂も入っているし、歯磨きもきちんとしているのになぜ体臭が出てきてしまうのか。自分の体臭の理由が分からないことも多く、年齢だから体臭や加齢臭が出てきてもしょうがないとあきらめている人もいるようです。

 

ですが諦めないで下さい。もしかしたらその体臭の原因は食べ物からきているものなのかもしれません。

体臭わきがを生み出す5つの食べ物とは?

食べ物とわきが

 

そこまで偏った食生活をしていないつもりでも意外と無意識に口にしてしまっている食べ物が体臭・口臭の原因になっているかもしれませんよ。

 

それでは一体何を多く食べたら体臭がきつくなってしまうのでしょうか?

1.それ自体の臭いが強いもの

 

にんにくを食べた次の日の口臭が臭いのは誰しも経験していますが、体臭は一日だけで治まらず、同じように食べ続けていると毎日臭ってしまいます。

 

臭いが強い食べ物と言えば、ニンニク、玉ねぎ、ニラ、らっきょうなどがあげられます。居酒屋に多い食べ物でついついお酒と一緒に食べてしまってはいませんか?

 

臭いがきつくなるのは次の日だけではないので体臭が気になるのであれば出来るだけ食べないようにしましょう。

2.乳製品、たまご、アイスクリーム

 

体臭に関係なさそうな食品ですが、実は臭いを生み出しやすい食品なのです。動物性脂肪で作られているので消化するときにアンモニアを発生させます。

 

硫黄のような臭いを放つので、甘く見てはいけない食品です。

3.アルコール、カフェイン

 

アルコールも飲んだ次の日だけ臭うと思われがちですが、実は毎日飲み続けていると体臭の原因となってしまうのです。

 

なぜかというとアルコールを分解するときにアセトアルデヒドというものに変化し、アセトアルデヒドは強い臭いを発生させるからです。

4.肉類、脂っこい食べ物

 

肉に含まれている動物性たんぱく質やコレステロールはアポクリン汗腺を刺激し、分解されるときにアンモニアを発生させてしまいます。

 

とはいっても肉は日常的に食べる物なので赤みではなく、白身の鶏肉を食べるようにしましょう。

 

また、脂っこい食べ物にもコレステロールが多く血液をドロつかせてニオイやすくしてしまいます。油を使う場合オリーブオイルを使ったり、生野菜を使ったサラダには亜麻仁油を使いましょう。

5.カップ麺、ジャンクフード

 

カップ麺やジャンクフードに含まれている食品添加物は血液の質を悪くし体臭を悪化させる原因となります。また過剰な塩分が入っているため健康にも良くないので控えた方が良いでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ついつい口にしてしまうものばかりだったのではないでしょうか?これらの食べ物を遠ざけることであなたの体臭やわきが臭はぐっと抑えられてくることでしょう。

 

>>トップページ

 

関連記事
>>わきが臭を発生させる原因はアポクリン汗腺だけではない?!