わきが治療のための手術は保険適用になる?!

MENU

わきが治療のための手術は保険適用になる?!

カルテを見る医師

わきがの最終的な治療方法は、やはり手術でしょう。

 

わきがの手術は非常に高額になりますが、保険が適用されればある程度の費用の範囲内で済みます。
ただ、保険が適用されるか?についてはケースバイケースであって、必ずしも保険適用で手術を受けられるわけではないのです。

 

保険が適用されるか?どうかの基準や分かれ目はどのようになっているのでしょうか?

わきが治療に保険が適用されるか?の基準は実は曖昧

ニオイの原因となるアポクリン汗腺の除去のための手術には、保険が適用されるケースとされないケースがあります。

 

じゃあ、どういう理由で両者のケースが生まれるのか?というと、実は『医者の判断』にゆだねられることになります。

 

実際の症状の程度や感覚的な問題で、保険適用を認めるべきか?そうではないか?が決まってくるのです。

美容のための手術と判断されるケースもある

実際、保険適用されないケースでは、美容のための手術であると判断されるケースもあります。

 

それは単純に臭いを消すために手術ですから、痩せるための脂肪吸引などと同様に、美容のために行う手術であると判断されてしまい、保険適用外となってしまうケースもあるのです。

 

自分だけの問題で収まらない臭いが美容の問題か?というのは、人によって認識が異なるでしょう。

 

だからこそ、臭いの程度にもよりますし、それが本当にわきがの臭いか?といったことによって、保険適用すべきか?が決まるのです。

いくつかのクリニックを回ってみることが大切

クリニックによって、医者の判断で保険適用されるか?されないか?が決まるわけですから、かなり主観による部分もあります。

 

主観による部分があるということは、人によって変わりやすいということも言えますから、

 

別のクリニックに行けば、保険適用でわきが治療の手術をすることができる可能性もあるのです。

 

したがって、1度保険適用は無理と言われても、別のところを当たってみると保険適用を認めてもらえる可能性もあるのです。

まとめ

保険適用されると数万円、されないと数十万円かかるのがわきが手術です。費用面でいえば、かなり差があるといわざるを得ないので、やはり保険適用を認めてもらってから手術をした方が良いでしょう。

 

ただ、近代的な切らない手術(ミラドライなど)は美容目的と言われ、自由診療となることも多いのも事実。とはいえ、体への負担、日常生活への支障の少なさを考えるとお財布と相談する価値はありそうです。

 

関連記事

わきが手術法ってどんな種類があるの?

>>わきが対策デオドラント選びは返金保証付きに限る!

体臭わきが対策なら真っ先に断ちたい5つの食べ物とは