わきが手術法ってどんな種類があるの?

MENU

わきが手術法ってどんな種類があるの?

ワキの多汗症・わきがで悩んでいる人は意外と多いものです。脇の多汗症はワキガの原因にもなってしまいます。

 

脇汗の治療は手術という方法でなくても病院で行うことができますが、塗り薬や注射の治療は繰り返し受診が必要で長い目で見るとコストが高くなってしまいます。

 

しかし手術療法では手術後の通院が終了すればその後病院を受診せずに済みます。今回は脇汗の手術方法の種類とメリット・デメリットをご紹介します。

 

手術室の風景

○剪除法(せんじょほう)

わきを数センチ切開して皮膚をめくり、アポクリン腺を直接目視しながらアポクリンセンを除去していきます。直接目視しながら手術を行うのでアポクリンセンの取り残しのリスクが少ないことがメリットです。

 

デメリットは切開が広いので術後の痛みと感染症のリスクが他の手術よりあることです。

 

またアポクリン腺しか切除しないのでほかの汗腺や皮脂腺は残ってしまいます。

○皮下組織吸引法(きゅういんほう)

脇に小さな傷を作りそこから細い管を入れて組織を掻き出しながら吸引除去していきます。

 

メリットは傷が小さいので感染症や痛みのリスクが少ないこと。またアポクリン腺だけでなくエクリン線も取り除くことができるので、ワキガだけでなく多汗症にも効果があります。

 

デメリットは目視できないのでアポクリン腺の取り残しのリスクがあることです。

○皮下組織削除法(さくじょほう)

脇を1センチほど切開してそこからローラーとカミソリのような刃がついた特殊な器具を使用し、皮下組織を削り落としながらアポクリン腺を除去する方法です。

 

メリットは皮下組織吸引法と同じです。また皮下組織吸引法よりも確実に汗腺・皮脂腺を取り除くことができます。

 

デメリットは特殊な器具を使用して皮下組織を削るために執刀医師の技術が重要になってきます。

○超音波吸引法(ちょうおんぱきゅういんほう)

皮下組織吸引法と同じように管を通しますが、超音波でアポクリンセンを壊しながら掻き出して吸引します。

 

メリットも皮下組織吸引法と同じです。

 

皮下組織吸引法と同じデメリットはあるのですが、超音波吸引法では熱傷のリスクがあります。

○マイクロ波療法(ミラドライ・ウルセラドライ)

脇の下の患部にマイクロ波(電磁波)をあてることで患部周辺の組織の水分を高温にします。その熱によってアポクリン汗腺の組織を破壊しわきが治療をします。

 

メスでの切開が不要で「切らない」手術として人気です。ダウンタイムが短いというメリット、切らなくて良いメリットがある一方で、自由診療になるのでコストが高いというデメリットがあります。

まとめ

主なわきが手術の種類をまとめてみました。メスを使って医師の目視の下でアポクリン汗腺を取り除く方法が主流でしたが、今では切らない手術が人気になっています。

 

その分保険診療外になり自由診療になるので費用が高額になります。コストと効果のバランスを考えて選択する必要があります。

 

関連記事

8×4はわきがに効く?口コミや評価から検証

>>わきが対策デオドラント選びは返金保証付きに限る!

体臭わきが対策なら真っ先に断ちたい5つの食べ物とは