お風呂の入浴方法を工夫してワキガの臭いを改善する

MENU

お風呂の入浴方法を工夫してワキガの臭いを改善する

お風呂の浴槽

毎日欠かさず入浴する習慣がついている方も多いかと思いますが、そのお風呂の入り方次第でワキガにも大きな影響を与えます。

 

多くの方はお風呂に入って、脇の部分をしっかり洗えば臭いがマシになると考えているかもしれません。

 

ワキガの臭いは洗浄によって解決するような単純なものではないため、それだけでは厳しいですが、
入浴の際に一工夫をすると、長期的に見てワキガの臭いが改善に向かう可能性はあります。

 

その具体的方法について以下で紹介していきたいと思います。

オススメの入浴方法は半身浴

半身浴というのは、身体を全てお湯に浸からせずに、半分程度を沈めて長時間入浴する方法です。

 

長時間といっても、自分の身体の状態を確認しながら行ってほしいのですが、普段、湯船に使っている時間よりはやや長めに浸かってもらうと効果が出てきます。

半身浴をするとワキガの臭いが改善される

半身浴の効果としては、汗をかきやすくなるということが挙げられます。

 

汗をかくと、脇が通常のアルカリ性から酸性へと変化し、その変化はワキガの原因菌が繁殖しづらい状態を生んでくれます。

 

汗をかくことによって、自分の脇の状態を変化させて臭いが発生しづらい状況を作っていくことができるのです。これはある程度の期間続けていかないと効果が出づらいため、毎日入浴の際にはできるだけ半身浴を心がけていきましょう。

湯船に重曹を入れると効果も倍増?

重曹は温泉に含まれる成分でもあることから、身体に良い一面もあります。重曹風呂は、大さじ3杯程度を湯船のお湯の中に入れてかき混ぜればOKです。

 

手軽に作ることができるにもかかわらず、ワキガの原因にもなる脂質などを身体から取り去ってくれる効果があり、より臭いの原因を取り除くことが出来ますから、臭いが発生するリスクはさらに小さくなると言えるのではないでしょうか?

まとめ

毎日入っているお風呂について、入り方を工夫することで、ワキガの臭いの原因を取り除くことができる可能性があります。

 

ちょっとした手間をかければできることですから、できるだけ毎日実践していけると、少しずつ効果を感じられると思います。

 

関連記事
>>わきが対策デオドラント選びは返金保証付きに限る!
>>脇が臭う方必見!重曹水でわきが予防3つのポイント