わきがの原因アポクリン汗腺

MENU

わきが臭を発生させる原因はアポクリン汗腺だけではない?!

私たち人間には大きく3種類の汗腺があります。「皮脂腺」「アポクリン汗腺」「エクリン汗腺」の3つです。このうち、わきが体質の人だけにあるのがアポクリン汗腺です。

 

3つの汗腺類が存在する理由を見ていきます。

 

皮脂腺・・・お肌のバリアーとなる皮脂を分泌します。お肌の潤いを閉じ込めるフタの役目や外傷から身を守る役目などがあります。

 

エクリン汗腺・・・小さな汗腺で身体全身に分布します。主に水分と塩分でできたサラッとした汗を分泌します。これは、人間にとって欠かせない生命維持活動である体温調節のために存在しています。

 

アポクリン汗腺・・・タンパク質、糖質、鉄分、アンモニアを含むドロッとした汗で、その目的は解明されていません。一説によるとフェロモン的な役割の名残だと言われています。

 

アポクリン汗腺は脇、肛門や陰部周辺、耳の中、乳輪付近など局所的に存在します。

なぜアポクリン汗腺があるとわきが臭が発生するの?

前述のようにアポクリン汗腺はわきが体質の人にのみ存在します。ただ、汗腺の量が少ないと臭いが出ないケースもあるので、気づかないだけでアポクリン汗腺を持っている人は多いようです。

 

では、なぜアポクリン汗腺があると臭いが発生するのでしょうか?

 

実は、アポクリン汗自体は臭いがしない「無臭」だと言われています。ところがあるものが混ざるとたちまち悪臭を放ちます。そのあるものとは、脇の下にいる「常在菌」です。

 

私たちの脇の下には様々な雑菌がいます。有名どころでは表皮ブドウ球菌やアクネ菌などがいます。それらの常在菌がアポクリン汗を分解することで強烈な腐敗臭を発します。

 

これがわきが臭です。

 

アポクリン汗腺を除去すれば臭いが無くなる?

現在は手術によってアポクリン汗腺を取り除くこともできます。以前は、剪除法(せんじょほう)というメスを使って取り除く方法が一般的でした。

 

ですが、アポクリン汗腺を除去しても場合によっては取り切れていなかったりして臭いが再発するケースもあります。そうなると、手術を何度も繰り返さなければいけないというデメリットがあります。

この剪除法、保険適用と言うことで費用負担が少ない一方、医師の技量によって術後の成果が大きく変わったり、メスを入れることにより傷跡が残るというのが大きなデメリットでした。

 

そこで、最近では傷跡がほとんど残らない超音波を使った治療や電磁波を使った治療法(ミラドライなど)が人気です。医師による技量の差も以前より少なくなり、高確率でわきがを完治させることが可能になりました。

 

比較的リスクの少ないボトックス注射が人気

皮膚にボツリヌス菌という菌を注射することで筋肉の働きを抑えることが出来るボトックス注射というのがあります。この作用でアポクリン汗腺の働きも抑えることが出来汗の分泌量を減らせるのでわきが対策にも効果があると言われています。

 

ただ、ボトックスを注射して一時的にわきがを抑えたとしても、だいたい半年ほどすると効果がなくなってしまいます。なので、臭いが気になる夏シーズン前に注射するか、費用はかさみますが半年毎に行わなければいけません。

 

費用は安いもので7、8万円。平均で10万円前後のクリニックが多いようです。

 

重度のわきが体質の人でないと費用は個人負担で保険適用にはならないケースが多いので注意が必要です。

 

わきが対策・治療法の大枠を考えてみる

わきがへの対抗策としては「汗の量を抑える」「汗の質を変化させる」「手術を行い、アポクリン汗腺を除去する」という治療法が考えられます。

 

この方法以外わきがを治す方法はありません。自分のわきがの程度によっては何があっているのかを考えていきながらわきが対策を計画的に行う必要があります。

 

以下、おすすめのわきが対策です。

 

軽度〜中程度のわきが体質の人・・・デオドラントやボトックスでのケア
重度のわきが体質の人・・・アポクリン汗腺除去手術・洋服の臭いケア

 

制汗スプレーなどデオドラントでのケアでは根本的にワキガを治すことにはなっておらず、一時的に臭いを抑えているにすぎません。ですので、軽度のわきが体質の人であってもにおいで悩んでいるなら一度わきが手術の専門家の先生にカウンセリングを受けて診ると良いかもしれません。

 

>>わきが対策デオドラント選びは返金保証付きに限る!