体内で乳酸の発生を抑えるクエン酸を使うとわきが臭が消える?!

MENU

体内で乳酸の発生を抑えるクエン酸を使うとわきが臭が消える?!

クエン酸が含まれているレモン

わきがに有効な成分は色々あります。

 

そのうちの1つが「クエン酸」で、こちらがワキガによる臭いを予防する際に非常に役立つとされているのです。

 

クエン酸が何故わきが臭に有効なのか?その理由は、私たちが日頃から出している乳酸に関係があるのです。

乳酸が増えると臭いがきつくなる

乳酸というのは、運動をしたときに体内から発せられる疲労を感じる物質です。

 

これが溜まると、身体に疲労感が感じられ、それまでのようなスムーズが運動が出来なくなります。
その乳酸は実は臭いにも関係があり、体内のアンモニアを結びついたときに臭いとなって、体外に排出されていしまいます。

 

乳酸の量が増えると、その傾向がさらに強くなるため、乳酸の量を調節していかないといけないのです。

乳酸を減らすためにはどうしたら良いのか?

そのときに有効なのがクエン酸になるわけですが、クエン酸は水と炭酸ガスに乳酸を分離してくれるため、
体内に溜まる乳酸の量を防ぐ効果がありますから、ワキガなどの臭い対策にはバッチリなんです!
クエン酸は酸っぱい食べ物に入っているイメージがあるのではないでしょうか?
例えば、梅干などにはクエン酸がたくさん含まれており、そういった食品を食べていくことが非常に重要なのです。

普段の生活からクエン酸を積極的に摂取していきましょう

食生活でクエン酸が含まれるものを食べていくことも重要です。
レモンやリンゴなどにも含まれているので、容易に食べることが可能だとは思います。
あとは、これらのものをすり潰したりして脇の部分に塗っていくことも同じく有効で、
ワキガ臭の原因にもなる、アポタンパクという物質を減らすことが出来ます。

まとめ 

クエン酸は案外、身の回りの食べ物に含まれていることが多いですから、簡単に手に入れることもできると思います。

 

例えば、梅干しやレモン、お酢などと言った食材などすでに家の中にあるというケースもあるはずですから、そういったワキガ臭に有効な食べ物を日頃から食べることでわきが対策ができます。

 

そして、ときには脇に直接すり潰したものを塗ってみたりすると、どんどん効果が発揮されるのではないでしょうか?

 

関連記事

人気のデオドラントを実際に体験!オススメはコレ!【画像あり】

自宅でわきが対策が出来るたった1つの良い習慣