制汗剤を忘れた!そんな時のわきが臭の応急処置はこうする!

MENU

制汗剤を忘れた!緊急時のわきが臭の応急処置おすすめ3選!

わきがの臭いは強烈です。

 

自身では気にならなくても、知らないうちに周囲の人を不快にさせているかもしれません。そのため日頃からわきがのケアとしてデオドラント商品や制汗剤は欠かせないものとなっています。

 

しかし、ついつい制汗剤を忘れてしまったなんてこともありますよね。その焦りから汗が促され、余計臭くなってしまうなんて恐れも。

 

そこで今回はデオドラント商品や制汗剤を忘れたときに効果的なわきが対策の方法をご紹介したいと思います。

 

困っている女性

応急処置の前に知っておきたいわきがの知識

わきがの臭いは「アポクリン腺」とよばれる汗腺から排出される汗が原因です。

 

人間にはもう一つ「エクリン腺」というものがあり、こちらから排出される汗はサラサラしていて臭いがないのですが、アポクリン腺から出る汗はアンモニアや皮脂が含まれているので、臭いが発生しやすいのです。

 

わきには常に菌が付着しており、アポクリン腺から排出された汗をその菌が分解することによって、わきが特有のツーンとした嫌な臭いが発生します。

 

わきがの原因となるアポクリン腺は生まれつき数が決まっているので、量が少ない人はわきがになりにくいと言われています。わきがの臭いを防ぐには制汗剤を使うのが一般的。ドラッグストアや通販で購入することができます。

 

それでもわきがの臭いが気になるのであれば、皮膚科や美容外科で診察してもらい、根本的な解決として手術をすることもあります。

 

さて、そんなわきが臭の臭いの原因は「アポクリン汗腺から分泌される脇汗」と「脇の下の雑菌」です。そのどちらかでも抑えることが出来れば応急処置としてはGOODです!

 

制汗剤を忘れたときのわきがの応急処置はコレ!

 

緊急時の応急処置の方法を3つご紹介します。

 

1.ハンカチを濡らして脇を拭う

わきがなのに制汗剤を忘れたとなると、「臭っていないかな?」と気になって作業にも取り組みにくくなりますよね。
そんなときはトイレに行って、ハンカチを水で湿らせてわきを拭くようにしましょう。

 

濡らさないままだとわきに付着している常在菌は取り除かれにくいため、濡らしたハンカチで拭き取るようにしましょう。

 

そのあとはわきを乾燥させることが大切です。

 

なぜなら、塗れたままだと菌が繁殖しやすい状況となっているからです。トイレットペーパーで水分を拭き取ったり、手で仰いだりするなどしてわきを乾燥させるようにしましょう。

 

2.唾液を付ける

ご存知の方もいると思いますが、人間の唾液には殺菌効果があります。なので口の中の雑菌が繁殖するのを抑えてくれるのですが、この唾液がほかの雑菌の繁殖を防ぐ効果も期待できます。

 

あまり人目に付くようなところではお勧めしませんが、個室のお手洗いなどで唾液をティッシュなどに含ませ脇の下に塗り込みます。これだけで幾分臭いを抑える効果が期待できます。

 

3.半側発汗を利用して汗を抑える

女性の方にお勧めな方法が、ブラジャーをきつくするという方法です。少し荒行のようですが、脇汗を抑える効果が期待できます。基本的に人間の体は、反対側を抑えると反対側からの発汗量が増えるように出来ています。なので、右脇の下からの汗が臭うなら、右わきを抑えることで左からの汗が多くなり、右からは減ります。

 

この要領で、ブラジャーを締め付けることで、胸から下の発汗量が増え、脇の下から上、脇汗や顔汗を抑える効果が期待できます。

 

もちろん、効果には個人差がありますので自己責任でお願いします。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回はデオドラント商品や制汗剤を忘れたときに効果的な方法を3つご紹介しました。

 

わきがの応急処置としては、濡らしたハンカチで菌を拭き取り、乾燥させることが大切。これによってある程度わきがの臭いを防ぐことができます。また、ブラジャーをきつくしたり、唾液を使うことで外出先でもある一定のわきが対策効果を望めます。

 

ですが現在はコンビニなどでも制汗剤は売っているので、もしかしたら買いに行く方が早いということもあるかもしれませんね。今回ご紹介した方法はあくまでも応急措置ですので、日頃から制汗剤を忘れないよう努めるようにしましょう。

 

 

関連記事
>>わきが対策デオドラント選びは返金保証付きのこの5つに限る!
>>自宅でわきが対策が出来るたった1つの良い習慣