日本の心「緑茶」でわきが臭が消臭できる?!

MENU

日本の心「緑茶」でわきが臭が消臭できる?!

緑茶

 

これからの季節、わきが持ちには「腋の下くさ〜い」と言われることに、おびえる日々が続きます。

 

わきがの元になる汗には、たんぱく質や脂質などいろいろな物質が含まれており、これらが皮脂や皮膚の雑菌と結びつくことで「臭い〜」となってしまうのです。

 

わきがの強さは体質によるものなので、決して不潔だからではありません。

 

とはいえ、におい自体は困ったもの、わきがを抑えるには体の中の臭い成分を減らす方法と、出てきた汗を拭く方法があります。

最強のわきが対策?!緑茶のポテンシャル

わきがの元になっているのは、体内から出る、たんぱく質や脂質、アンモニアなどのせい、つまり体の中に臭いの元が潜んでいるんです。

 

実は、この体の中の臭いを、体内から消してくれる最高の食品が緑茶なんです。

 

緑茶にはポリフェノールが含まれており、特にポリフェノールの中のカテキン量が抜群に多く、これが体の中の臭いを消してくれるのです。

カテキンの効果

他の食品に比べ、緑茶はカテキンをダントツに多く含みます。
カテキンには、主に抗菌、抗酸化、消臭効果があります。

 

風邪を引くと緑茶でうがい、という話がありますが、緑茶はウイルスが体の粘膜に付くのを防ぎ、また細菌の細胞膜を壊す働きもあります。このため体内の雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。

 

また抗酸化作用で、体の中に溜まった活性酸素を除去する働きがあり、体が若返り要らないものを排出すしやすくなるため、臭いの元を追い出すことが出来ます。

 

またポリフェノール一般に、体内でにおい成分を化学的に中和させたり、活性炭のように、においそのものを吸着させる効果があります。

 

つまり、緑茶は臭いを誤魔化すのではなく、体内から断つ!最強アイテムなんです。

緑茶を効果的に利用する方法

カテキンは日光をしっかり浴びた緑茶に多く含まれています。

 

玉露ではなく、普通の緑茶の葉を買い、やや高めの温度で飲むとよいでしょう。また、出がらしの方がカテキンが多くなりますので、渋めの茶をとことん飲むのが1番ですね。

 

ただし、緑茶はカフェイン効果で眠れないということもおきます。カテキンは番茶、ウーロン茶、紅茶にも含まれていますので、これらのお茶を生活に合わせて、コンスタントに飲むのがベストですね。

まとめ

緑茶の副効果として、お茶を多く飲むと体の臭いを発する食品を取りにくくなり、またビタミンが豊富なので、より体内殺菌や健康を維持することが出来ます。

 

身体の内側を清潔にして、臭いを出さない飲み物が緑茶です。茶殻で体を拭くことでも、臭いの防止になります。生活に合わせて、楽しく出来る方法を取り入れてみてください。

 

関連記事

人気のデオドラントを実際に体験!オススメはコレ!【画像あり】

自宅でわきが対策が出来るたった1つの良い習慣

わきがに梅干しが効く?!ポイントはアルカリ性!