わきが手術「剪除法(せんじょほう)」のメリット・デメリット

MENU

わきが手術「剪除法(せんじょほう)」のメリット・デメリット

わきが手術「剪除法」のメリットとデメリット

 

わきがの原因はアポクリン汗腺から分泌される汗を脇の下の雑菌が分解し発酵することで臭いが出ます。

 

アポクリン汗腺が多いと臭いが出やすくなるのですが、アポクリン汗腺を除去しようと手術を試みてもなかなか踏み込めない方が多いです。

 

わきがの主な手術法として「箭除法(せんじょほう)」という方法があります。剪除法とは、脇を切開してアポクリン汗腺をはさみで除去するという手術法です。

わきが手術法「剪除法」のメリットとは

 

剪除法の一番大きなメリットは健康保険の適用対象になるということです。そのため、基本的には自由診療で行うミラドライやウルセラドライといった手術法に比べてコストが安くすむと言えます。

 

また、医師が直接見ながらアポクリン汗腺を除去するので確実性は高いという点もメリットだと言えます。ただ医師の技量によって術後の結果が変わりやすいとも言えますが。

わきが手術法「剪除法」のデメリットとは

 

剪除法での手術を行うと、脇の下に傷跡が残る可能性が高く、術後にしばらく痛みが続くというデメリットがあります。

 

また、ダウンタイムも長く、場合によっては一週間ほどコルセットで固定しなければいけないこともあります。ですので、その場合は日常生活に支障が出てきますし、仕事も休まなければいけなくなります。

まとめ

 

この剪除法というわきが治療法の場合、健康保険が効きますので約5万円前後で治療が出来ます。これはとても大きなメリットではありますが、傷が残る、痛みがある、日常生活に支障をきたすということを考えるとデメリットが大きいと言えます。なかなか手術には踏み込めないという方は、まずは保存療法をおすすめします。根本的な治療にはなりませんが、わきが臭をその都度ケアしていく方法で、リスクが少なくまた安価に実践できます。

 

保存療法の代表例が、食事療法、ボトックス療法、デオドラントによる対処などです。当サイトでご紹介しているデオドラントクリームもかなり効果が期待できます。また、返金保証が付いているので安心して試せるのもおすすめの理由の1つです。参考にしてみて下さい。

 

関連記事
>>わきが対策デオドラント選びは返金保証付きに限る!