わきがの女性はデリケートゾーンの臭いやおりものにも注意!

MENU

わきがの女性はデリケートゾーンの臭いやおりものにも注意!

「わきが」というだけに臭いは脇からします。

 

だから人に気づかれやすく悩みのタネにもなることが多いもの。

 

ところが、実はデリケートゾーンから臭いが出る「わきが」もあるのをご存知ですか?

 

デリケートゾーンを隠す裸の女性

デリケートゾーンの臭いの原因とは?

わきがはアポクリン腺から分泌されるタンパク質や脂質が多く含む汗が原因です。

 

これを肌に住む常在菌が分解することでくさい匂いが発生します。このアポクリン腺は存在する場所が決まっています。脇や耳、乳輪や肛門、まつげや鼻毛など、おもに目に見える太い毛が生えてくる部分です。これらの毛の毛根部のわきにアポクリン腺があります。

 

デリケートゾーンを守る陰毛部分にもアポクリン腺は存在しています。これがデリケートゾーンの匂いの原因で、わきがとは別に「すそわきが」などと呼ばれています。

 

すそわきがになる人はわきがの人の中でも10〜20人に一人程度と言われていますが、自分ではなかなか分かりませんよね。なかにはパートナーに指摘されて初めて気づくという人もいるようです。

 

パートナーに「くさい」と言われるなんて傷つきますし、新しい関係を築くにもトラウマになってしまいます。

 

すそわきがかどうかを自分で知るには、下着の陰毛が触れる部分に黄色いしみがつくかどうかなどが目安になります。白いシャツの脇の部分が黄色くなるような感じです。

デリケートゾーンのケア

すそわきがだと分かったら、デリケートゾーンも脇と同じようにケアした方がよいのですが、脇と同じ制汗剤やデオドラント剤などを使うと肌荒れの原因になるので避けましょう。

 

オススメは、入浴時にデリケートゾーン用の石鹸を使うことです。

 

少し割高になりますが、アポクリン腺から出る特有の汗を取り除いてくれますし、性器部分の匂いもケアできます。香りがよいものも多いので、特別なデオドラント剤も必要ありません。デリケートゾーンの皮膚は弱いので、低刺激のものを選び、たっぷりの泡と指の腹で優しく洗うようにしましょう。

女性はおりものにも要注意

すそわきがとよく間違われるものにおりものの臭いがあります。おりものはアポクリン腺とは関係なく分泌されるので、すそわきがではありません。

 

おりものは健康な女性ならば分泌されるものですが、自分でも気づくほど臭いがひどいならば、病気の可能性もあります。

 

特に多いのは膣カンジダです。膣の中にはカンジダ菌が常に存在しているのですが、免疫力が弱ったときなどに異常繁殖し、おりものの臭いをひどくします。

 

感染症に分類されていますが、性行為がなくても発症する病気なので、気になるときには健康のためにも恥ずかしがらずに婦人科を受診しましょう。

まとめ

デリケートゾーンの匂いにはいろいろな原因があります。時には重大な病気の可能性もあるのでよく注意しておきましょう。すそわきがならば、ある意味安心です。清潔を保つようにして、優しくケアしていきましょう。

 

これらの臭いの原因はアポクリン汗腺という組織からの分泌物です。このアポクリン汗腺は人間の特定の部位に多く分布します。

 

例えば、脇の下や性器周辺、あとは乳首の周辺やおへその周りにも分布することがあります。

 

なので、これらの部位から臭いがする場合は「わきが」同様のケアをすることで臭いケアをすることが出来ます。とは言え、特にデリケートなゾーンに関しては肌組織の厚みも薄く敏感な部分ですので、安易な判断でアルコール消毒など独自の対策をすると肌荒れや炎症を起こしますので注意しましょう。

 

出来れば、敏感な部位にも使えるデオドラントなどでケアをすると良いでしょう。

 

デリケートゾーンのニオイケアも出来るデオドラントなら