脇汗対策用のデオドラントには種類がいっぱい!どれが良い?

MENU

脇汗対策用のデオドラントには種類がいっぱい!どれが良い?

脇汗を抑えたり、臭いを予防できるデオドラントが現在ではスプレーだけではありません。

 

やはりそれだけワキ汗に対しての関心やマナー意識が高まってきている傾向にあるのでしょう。今回はわき汗に対するデオドラントの種類をご紹介します。

 

掌をうち納得感を出す女性

昔ながらのスプレータイプ

最大のメリットは使用するのに時間がかからないというところでしょう。

 

ワキにシュッとスプレーするだけなので簡単にできます。他にも細くて小さいタイプもあるのでポケットや小さなバックにも入れておくことがでることもメリットです。

 

デメリットとしては衣服に成分がつきやすいことや、使用するのに音がどうしても出てしまうことでしょう。こっそり使えないのが最大のデメリットとかもしれません。

拭き取るシートタイプ

メリットは気になる部分を確実に拭き取ることができるところです。デメリットは使用するたびにゴミが出てしまうところでしょう。

 

また、ペーパーが多く入っているとその分かさばってしまうので手軽に持ち歩けないものもあります。

固形タイプ

メリットは小さいものが多く携帯しやすいところです。携帯しやすいのですが好みで塗る量を変えれるので効果が長続きしたり、中には汗をかかなくする効果があるものもあるそうです。

 

デメリットはわきにベタつきが残ってしまうことです。わきと衣類が擦れると衣類に成分が残りやすいのもデメリットです。

塗りつけるクリーム(ジェル)タイプ

メリットもデメリットも固形と同じで好きな量を塗布できるところにあります。また衣服に付着すると落としにくいのも共通のものとなります。

 

こちらの独特のデメリットは使用するたびに手を汚すので手軽にいつでも使用することができません。手を洗える環境がないと使用できないのが最大のデメリットでしょう。

ローラー(ロールオン)タイプ

これはローラーに付着した液体の制汗剤をワキに塗布していくものです。ロールオンタイプとも呼ばれます。

 

メリットは固形タイプと同じく小さいものがあるので携帯しやすく使用しやすいところです。デメリットは液状のものを使用するので塗りすぎると液だれしやすいことと乾きにくいことにあります。

 

どのタイプにも共通してあるデメリットはわき毛が長い・多いとワキにうまく薬剤がつかないというものがあります。

 

わき毛は臭いの原因になりやすいので処理する方が効果的でしょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

結局種類が多くなると「どれが良いの?」と言うことになりそうですが、極論あなたに合っているものならそれが一番良いグッズと言えます。

 

その点、返金保証付きのものであなたに合ったものを探していくという方法が一番損することが少ないと言えるのではないでしょうか?

 

当サイトでは返金保証付きのデオドラントの人気おすすめランキングをご用意しております。参考にしてみて下さい。

【ランキング】わきが対策デオドラント選びは返金保証付きに限る!