脇の臭いは誰でもある!汗臭さとわきが臭の違いとは?

MENU

脇の臭いは誰でもある!汗臭さとわきが臭の違いとは?

近年、より清潔になった日本の生活環境では、わずかな臭いでも気にしてデオドラントしてしまうという人が増えてきているように感じます。

 

その延長線上で、脇の臭いが気になり、

 

「自分はわきがではないか?」

 

と恐れを抱く自臭症の方も増加しているようです。

 

しかし、生命活動をしている人間が無臭という事はありえず、体からは、汗を含めて、なんらかの臭いを発生させています。

 

大切なのは、それがわきがか、そうではないか?という見極めの知識ではないでしょうか?

 

鼻をつまむ女性

脇の臭いは誰でもある!という前提を認める

人間は、運動や代謝の影響で体温が上昇します。すると毛穴から汗をかいて気化熱冷却で体温を下げています。

 

この時に排出される汗には、水分のみではなく、老廃物である乳酸や、血漿、アンモニアやミネラルなどが含まれます。

 

これらの物質を雑菌が分解すると、そこから汗臭さが発生します。

 

つまり人間が生命活動を行う限りは、かならず汗をかき、脇の下のような密閉する部分からは、汗と色々なものが混じった臭いがします。

 

つまり、脇の臭いは老若男女問わず、誰にでもあるのです。

 

脇の臭いは誰でもあるが「わきが」はちょっと違う

先ほど、脇の臭いは誰でもあると言いましたが、わきの臭いと、わきがとは、全く別のものであるという事を理解しておく必要があります。

 

一般のすっぱい臭いがする汗臭さは、エクリン腺という汗腺から分泌する汗が原因で発生する臭いです。一方のわきがは、アポクリン汗腺という別の汗腺から出る汗が原因で起こる臭いなのです。

 

エクリン汗腺は誰にでもありますが、アポクリン汗腺は、全くない人、そして、あっても僅かな人が人口の大半を占めます。

 

アポクリン腺を持っている人は、日本の人口の15%程度で、その人達が、わきがというものになる可能性があるのです。

 

わきがとは、どういう臭いなのか?

わきがは、その人によって、臭いが違いますし、形容の仕方も違います。

 

ある人は鉛筆の芯の臭いといい、あるひとはロウソクのロウの臭い、または、ネギの臭いという人もいます。

 

いずれの臭いでもいい臭いとは言い難いですが、一般にいうわきがの臭いの目安というのは、このような臭いです。

 

わきがとただの汗臭さの見分け方は?

わきがとわきがでない見分けは、自分では中々難しい場合もあります。ただ、ニオイが強いだけでは、わきがとは言えないからです。

 

ですが、目安として、上に書いたような脇の臭いがする場合と、以下の項目に該当するなら、わきがの可能性は高いです。

 

・耳垢に湿り気がある ・両親、或いは方親がわきがである
・肌着に黄色い汗染みが出来る ・わき毛が猫毛(癖っ毛)

 

このような項目に該当する部分が多いなら、わきがである可能性は高いです。

 

アポクリン汗腺が多いだけではわきがになるとは限らない

上記のような項目に当てはまってもわきがの臭いがしない人もいます。

 

アポクリン腺から汗を分泌するには、たんぱく質や脂質が必要なので、食事のバランスが良く、たんぱく質や脂質に偏らない食生活を送っている人の場合には、アポクリン汗腺があっても、わきがの臭いがしないというケースもあります。

 

また、アポクリン汗腺が元々は小さかったけど、食事のバランスが偏る事で、改めて栄養分がアポクリン腺に供給されてアポクリン腺が発達してしまい、わきがの症状が出ると言う場合もあります。

 

アポクリン汗腺があるからわきがになるとは必ずしも言えないのです。

 

このように、わきの臭いというものは誰にでもあるけど、それがわきがとは限らないという説明を行ってきました。

 

いわゆる汗臭さは、わきがとは違い、誰でも起こりうるものですが、わきがはそうではない、アポクリン汗腺とそれを発達させてしまう、偏った食生活が原因で発生するものだと分かって頂けたかと思います。

 

 

関連記事

人気のデオドラントを実際に体験!オススメはコレ!【画像あり】

自宅でわきが対策が出来るたった1つの良い習慣